JR東日本 常磐線 東海(とうかい)駅

51023437_1<<写真1>>

東海駅の橋上駅舎からの写真です。写真の奥が水戸方面、手前が日立方面になります。撮影時刻は16時32分で、太陽が林へ沈もうとしています。あらかじめ求めてある東海駅から富士山の方向(234.1°)と線路の方向(226.2°)から写真の丸印のあたりに期待が持てそうだと判断しました。

51023437_2東海駅付近の常磐線線路と富士山の方向の関係は左図のようになります。
これからも上の写真の丸印あたりだということがわかります。

これは「カシミール3D図解実例集(初級編)」に付属している数値地図を用いて描いています。

51023437_3<<写真2>>

太陽が沈んで山並みのシルエットが浮かび上がるのを待っていたら、こんな景色になりました。狙いを定めたあたりのアップです。デジカメの10倍ズームを一杯に伸ばして写しています。レンズ焦点距離は35mmフィルム換算で380mmになり、画角にすると約5°です。


富士山が見えるとすると左の鉄塔のあたりではないかと推測しながら目を凝らしたのですが、このあと暗くなるまでそれらしきものは見えませんでした。

51023437_4<<写真2>>の撮影時刻と同じ太陽位置でカシミールによってシミュレーションした画像です。カシミールのレンズ詳細設定で画角を5°(レンズ焦点距離357mm)に設定しています。これは<<写真2>>撮影時に近い値です。

P362.3は八郷町の北にある三角点、愛宕山は岩間町の山、赤塚駅は常磐線の水戸の西にある駅、後台駅は水郡線の駅、つつじヶ丘駅は筑波山ロープウェイの山麓側の駅です。

カシミールの[描画の設定]でレンズを357mm、あるいは画角5°と設定し、方向は236.2°、仰角を0.5°、太陽は2005年1月10日16時39分として描いています。

51023437_5<<写真3>>

上記カシミールでのシミュレーション画像と<<写真2>>をPhotoShopで重ねてみました。おわかりのように富士山は建物の後ろ側になってしまいます。さらに筑波山も林に遮られてしまうことがわかりました。なんとも残念です。

写真は1600×1200ピクセルですので、カシミールで上記と同じ画像を1600×1200として描き、地名データや位置情報を記録しないものを作成します。PhotoShopで空の部分を除いた範囲を選択して、デジカメの写真を上に貼り付けてレイヤーの透明度を調整して合成しています。

51023437_6東海駅から富士山方面を広く写したものです。矢印のあたりに富士山がきますが、建物があることがわかります。これが<<写真3>>の建物ですが、背景を推測するとこの建物がなくても林に遮られてしまうように思います。

[会社・地域ごとの駅一覧へ]