プロフィール

「たばりん」の由来

ユースホステルを使って旅していたときにあるところでつけていただいた名前です。ネットワークの世界ではニフティが「ニフティサーブ」だった時代に「山の展望と地図のフォーラム」に参加するときに使いはじめて、今ではすっかり定着しました。

ネット上の棲息場所

このホームページはもちろんのこと、「山の展望と地図のフォーラム」に参加しています。

こんな本に登場しました

(1) 雑誌『岳人』1997年2月号(東京新聞出版局)

「富士を楽しむ冬紀行」という特集のなかでMt.FUJI A.LA.CARTEのひとつとして『富士山が見える駅』を紹介しています。このときは209駅が確認されていましたが、誌面の都合で全駅について見えるポイントを紹介できなくて、路線別に見える駅数と特徴を記しています。

(2) 雑誌『ラパン』1997年9月号(ゼンリン)

「富士山を眺め尽くす」の全体のとりまとめをしました。

(3) 富士山展望百科(実業之日本社)

「乗り物から見る富士」の伊豆箱根鉄道駿豆線や富士急行線、「富士山の見える駅」の項を担当しました。また、富士見日記観測点の写真などが掲載されています。富士山を眺めることについてこだわった本ですので富士山好きのみなさまには読み応えのあるものと思います。まだご覧になっていない方はぜひお買い求めください。

(4) 車窓展望の山旅(実業之日本社)

京葉線から見た山並みについて記しました。他に「カシミール3D」を使って撮影地点の割り出しを担当しました。

(5) 山と溪谷2001年1月号(山と溪谷社)

特集記事の「21世紀の初日の出を見にいこう」の中で各地点からの初日の出時刻を「カシミール3D」を使ってシミュレーションしました。

(6) 月刊ウォーキングマガジン 2002年4月号(講談社)

桜と富士山を同時に楽しむポイントの中に文章と写真が掲載されました。

(7) 雑誌『一個人』2006年9月号(KKベストセラーズ)

「日帰りローカル線の旅」の身延線の項に富士山の写真が掲載されました。

(8) 雑誌『Pen』2010年8月15日号(阪急コミュニケーション)

富士山特集の鉄道富士の項に「富士山の見える駅」のデータと写真が掲載されました。

(9) 『富士山を知る事典』(日外アソシエーツ)

参考文献としてURLが記載されています。

更新日: